格安スマホの比較ランキング@月額料金が安いのはどれ?

格安スマホ比較ランキング!月額料金が安いのは?!

格安スマホってどんなスマホ?

 

 

そのスマホ端末の機能性によって、利便性もかなり違ってきます。格安スマホの場合、かなり性能が低いというイメージを持っている人もいるかもしれません。確かに以前は格安スマホというのと、あまり機能性が良くない端末が多かったのですが、最近は格安スマホ用の端末の開発を積極的に行っているメーカーも増えつつあります。ですので、今後は格安スマホとキャリアの端末の性能差は縮まっていくことになるのではないでしょうか?

 

どうしても機能性が高くなるほど端末価格も金額が高くなってしまいますが、機能性がそこまで高くないものであれば、端末価格が安いものもあります。ですので、機能性をとるか、それとも価格を摂るかを自分で選ぶことが出来るようになっています。

 

例えばDocomoからリリースされているXperia Z4と楽天モバイルからリリースされているZenfone2では、カメラとCPUの性能が違っているくらいしか違っている点はありません。この時点で格安スマホの中では、かなり機能が高くなっているといえるでしょう。それでもXperia Z4のほうが優れているのだから、Xperiaのほうがいいと思う人もいるかもしれませんですが、実際のところ、Xperiaの性能を使いこなすことが出来る人というのはそこまでいないといえるでしょう。

 

これくらいしか差がない状態になっているのですが、Xperia Z4とZenfone2を2年間使った場合、端末価格と利用料金の合計を比べると出費は2倍以上ということになります。どちらの端末もパケットプラン5GBまでにして、ストレージを32GBとしたとします。すると、Xperiaの場合は、2年間に26万円を超えるお金が必要になるのですが、Zenfone2の場合だと2年間に10万円ほどしかかからないのです。

 

格安スマホのスペックの意味や選び方

 

スマホにかかる月額料金を少しでも安くしたい場合、契約しているキャリアのプランを変更するという方法がこれまではポピュラーな方法になっていました。ですが、2014年くらいから、この他にも格安SIMや格安スマホを利用するといった選択肢も生まれています。

 

スマートフォンやガラケーというのは、SIMカードといわれるものが端末に装着されており、その端末の登録者情報や電話番号などが保存されています。キャリアで契約した場合は、スマホの契約を済ませて端末を手渡されるのですが、このときには既にSIMカードが挿入されている状態になっています。

 

このSIMカードを入れ替えることによって、他の同じキャリアの端末で利用することも可能否っています。格安SIMというのは、キャリアからデータ回線をレンタルさせてもらって、さらに低料金でスマホを利用することができるようになっているのです。なお、SIMの場合は、音声通話が付いていなくてデータ通信だけをすることが出来るデータSIMと電話もすることが出来る音声通話機能SIMがあります。

 

そして、この格安SIMとキャリアで提供されている端末よりも少しスペックが低い端末がセットになっているのが格安スマホといわれるものなのです。格安スマホを選ぶときのポイントや、格安スマホのスペックを見るための方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

MVNOについて

 

格安スマホについて語る上で、MVNOは欠かすことが出来ない存在といえるでしょう。このMVNOというのは、どんなものなのかというと、通信回線をドコモなどといったキャリアから借りて契約者に利用させる業者のことを指しています。

 

MVNOはどのようなものなのかをもうちょっと具体的に紹介していきたいと思います。格安スマホというのはMVNO以外にもMVNEやMNOという用語もあります。これらの用語の意味とはどのようなものなのでしょうか?

 

・MVNOとは
MVNOというのはMobile Virtual Network Operatorを略した言葉になっており直訳すると仮想移動体通信事業者という意味になります。通信回線がない事業者であるため仮想という言葉が使われており、大手キャリアから通信回線であるMVOを借りてユーザーにデータ通信などのサービスを提供している事業者です。格安スマホを提供している事業者の一部以外は、このMVNOに分類されています。ちなみにY!mobileの場合は、自社回線を持っていますので、MVNOに分類されていません。

 

・MNOとは?
Mobile Network Operatorを略してMNOと呼ばれているのですが、こちらは直訳すると移動体通信事業者のことを指しています。ソフトバンクやドコモなどのように独自通信回線を持っている事業者がMNOに分類されており、MVNOに通信回線を貸し与えているのもMNOになっています。

 

・MVNEとは?
Mobile  Virtual Network Enablerを略してMVNEと呼ばれており、直訳すると仮想移動体通信サービス提供者という意味になります。MNOやMVNOよりもあまり聞くことがない用語かと思いますが、このMVNEというのは格安スマホ選びをするときにとても重要になります。MVOからMVNOが回線を借りているのですが、その回線から利用者に電波を送るための業務をしているのがMVNEという業者となります。つまりMVNOとMNOの仲介をするための業者ということ人利増す。

 

MVENの事業を自社で行っている業者もありますし、下請けとして依頼をする業者もあります。ですのでMVNOが違っているとしても電波を利用することが出来る場合もあります。自分の会社でMVNEの事業も行っている場合、他の業者のMVNEも引き受けている業者もありますし、そうではない業者もあります。他の会社のMVNEも引き受けている場合、回線のOEM元と呼ばれることもあります。

 

このMVEが大手業者になっているのであれば、格安スマホに展開されるようになったばかりのあまり知られていない業者だとしても信頼できるサービスを行ってくれる可能性が高いです。

 

 

こちらのサイトも参考に→ 格安スマホおすすめランキング@通信量がお得なのはどこ?

 

ストレスや加齢も飛蚊症を引き起こす

 

今起きている飛蚊症の原因を調べてもらったけれど、病気が原因ではなかった・・・。それでは生理現象が原因の「生理的飛蚊症」ですね。生理的飛蚊症は、基本的には治療法がありません。

 

手術で硝子体を交換する方法もありますが、大きなリスクを背負うことになるので、ほとんどの場合は行われないでしょう。生理的飛蚊症は一体どんな仕組みで起きて、どうやって改善してゆけばいいのか。今回はその点をご説明していきます。

 

■生理的飛蚊症
生理現象で起きる飛蚊症は、ストレスや目の疲労によって目に負荷が掛かることが原因です。目の硝子体は老廃物を排出する働きもしますが、それがうまく機能しないと老廃物が溜まり、硝子体に濁りを作ってしまいます。この濁りが硝子体の原因です。生理的飛蚊症についてもっと詳しく見ていきましょう。

 

・ストレス
ストレスを溜め込むと、体では活性酸素を大量に生産されてしまいます。活性酸素とはタンパク質や脂質、組織をさせてしまい老化させてしまいます。硝子体で活性酸素が発生すると硝子体の繊維組織が形を崩し、硝子体が濁って飛蚊症を起こします。

 

できるだけストレスを溜め込まない生活にすることが必要です。また、今起きている飛蚊症の症状をいいにするあまり、それがストレスになってしまい症状を悪化させます。症状の改善方法を知っておいて、気持ちに余裕を持つことでストレスを溜めないようにできると思います。

 

・紫外線
空から降ってくる紫外線、肌などに浴びることでシミやソバカスの原因になると言われていますね。これは紫外線が体の中に活性酸素を作り出すためです。紫外線を目に浴びると、活性酸素が硝子体の中に発生します。硝子体の繊維組織が壊れると、繊維が剥がれてしまって、硝子体に浮かぶことで濁りになり飛蚊症を起こします。UVカットの帽子や日傘、サングラスで、紫外線から目を守るようにしましょう。

 

・加齢
身体の組織を酸化させる活性酸素、若い人であれば、通常は活性酸素を分解・除去してくれる物質が体内に十分に備わっています。しかし、年を取ると活性酸素を分解・除去する物質が少なくなり、活性酸素の発生に対応しきれなくなっていしまいます。また、加齢によって硝子体が萎縮すると、硝子体と網膜が離れてしまい、離れた部分が影を作って飛蚊症を起こすこともあります。

 

 

生理的な飛蚊症は治療法がないとされており、改善方法は生活習慣の見直しを行うことでできるとされています。例えば、活性酸素を分解してくれる酵素を食品から補給したり、抗酸化物質であるルテインをサプリメントの使用で補給するなどです。できるだけ症状を気にしすぎないようにするというのも、症状を悪化させないために必要です。病は気から、と言います。飛蚊症対策を知って、改善に前向きになれるようにしていきましょう。参考:飛蚊症に効くサプリメント@飛蚊症にルテインが良い!

 

 

更新履歴